ルバーブのジャム作り

f:id:hanamuguri:20181202001214j:plain

ルバーブのジャムを作ったので、その記録です。
なんとなく、うまくいくのか不安で、下処理をしたまま冷凍保存していたのですが、ついに着手しました。

【作り方】
材料は、食材として販売されているルバーブの茎と、砂糖。
砂糖の量はルバーブ(正味)の60%にしました。

ルバーブは、よく洗って、硬そうな皮を取り、2cm幅に切る。(知らなかったのですが、どんなに硬そうでも、加熱するとグズグズに柔らかくなります。あまり神経質にならなくても大丈夫です)

私はこの時点で冷凍させました
(凍らせると組織が壊れて作りやすいかな?と思ったのですが、そのまま煮始めてもOKみたいです)

凍ったルバーブと砂糖を鍋に入れ、加熱する。アクをとりつつ、つやが出るまで煮つめたら、完成。

(煮つめ方は、普通の果物のジャム作りと同じです。酸っぱい素材なので、酸に強い鍋を使用したほうがいいと思います。あと、すごくアクが出るかな?と思ったのですが、ほとんど出なかったです)

***

私は未精製の茶色い砂糖を使ったのですが、グラニュー糖の方がジャムの色がきれいに作れると思います。

見た目はフキみたいなのに、煮ているうちにラズベリーのような香りになるので驚きました。見た目と味は、キウイを食べた感じに近いかな・・・?ルバーブのジャム、甘酸っぱくて大好きなので、自分で作ることができて感激でした。